発音は小さい時に決まる

小学生

習うより慣れよが基本

世の中の国際的な流れの中で、日本も国を挙げて英語教育に力を入れようとしています。小学生の英語の授業の低年齢化が進もうとしています。これまでは、仕事内容によっては使うこともないといった説明が通用してきていましたが、これからはそうはいかなくなっています。しっかりと向き合ってクリアしなければいけない状況なのであれば、正面からぶつかるほうが得策と言えます。特に日本人の苦手な分野としては、英会話の聞き取り、つまり日本語にはない英語独特の発音を聞き取りです。また、話すことができないということも挙げられるでしょう。そういった意味では、より小さいうちに独特の発音に耳を鳴らしておくことがとても有効となるでしょう。しかしながら、小学生が学校で英語の授業を受ける場合はほとんどが日本人の先生となり、本場の発音に触れることは少ないものです。そこで、英会話教室などのネイティブな英語の発音に触れることが重要になってくるのです。小学生から英語を学ぶことについては様々な意見がありますが、発音を習得するということについては、盛んに推奨されています。特に小学生のうちは文法などにはこだわらず、遊びを通して英語に触れる機会を増やす環境であれば、自然に感覚を養うことができるのです。実際、小学生を対象として座学のみではなく身振り手振り、時には体を動かしながらのゲームを通じて英語に触れる授業を取り入れた英会話教室は多いです。また、都心部や地方を問わず人気があります。

Copyright© 2017 勉強しやすい英会話スクールを探そう【選ぶコツを解説】 All Rights Reserved.